副職.net
副職.net
ホーム > ブログ > 家計はだれが握っているの?

家計はだれが握っているの?

20代では「ご主人」が家計を握っているが6割、「妻やパートナー」は3割となっていますが、年齢が上がっていくにつれて逆転傾向にあり、50代では「ご主人」4割強、「妻やパートナー」5割となっているようです。さらに「子供あり」の家庭では「妻やパートナー」が家計を握っているのが5割強となり、結婚後は妻が家計をやりくりしているパターンは昔からあまり変わっていないようです。

サラリーマンのお小遣い使い道 1位の昼食代

昼食代は2001年、「710円」だったのが年々低下傾向にあり、2007年には600円を下回る「590円」。さらに2010年には「500円」となりました。年齢別にみると20代は「540円」でしたが、30代、40代では「480円」、「470円」と500円を切っています。お小遣いの減少とともに、切り詰めるのは昼食代のようです。それとともにお弁当を持参して、さらにお小遣いをやりくりしているサラリーマンも増えています。店頭でも500円を切るお弁当が増えているのも、サラリーマンのお小遣いを気遣っているのでしょうか。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加