副職.net
副職.net
ホーム > ブログ > ガンになった社員のためにフレックス制や在宅ワークを導入

ガンになった社員のためにフレックス制や在宅ワークを導入

「日本企業では、伝統的に"健康な成人男性"をイメージして就業規則が設けられてきたので、週5日、9時~5時で勤務することが"仕事ができる"ということと同義になってしまっている。だから『昼からしか出社できない自分はダメ社員なのかも......』みたいに思ってしまう人も出てきます。

data97.gifただ、これは会社に相談することで解決するケースも多い。時短勤務制度がないのは、これまで会社側にそういう発想がなかっただけの話で、ガンになった社員からの相談をキッカケに、新たにフレックス制や在宅ワークを導入した企業もあります。まずは人事に相談すべきですね」

アンケートでは、実に4人中3人が「治療を受けながら仕事を続けている」と回答。職場での苦労やトラブルも「特にない」がトップになるなど、治療と仕事の両立がもはやスタンダードとなっている傾向を窺わせる。

引用 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160924-01179703-sspa-soci


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加